Menu

保育方針

Home
保育内容

保育方針

理念
生まれながらの感性と育ちを、真心で支えます。

人間の赤ちゃんは両親や身の回りの環境など、一人ひとり違った条件のもとに生まれてくることはもちろんですが、誕生のときにはすでにその子にしかない感性を持って生まれてくるということです。
「胎内記憶」の調査をされている産科医の池川明先生の説によるとお腹に入る前、何人もの子が雲の上でお母さんを選んだことを覚えているというのです。調査を進める中で、「赤ちゃんはお腹にいるときから、既に意識があること」「両親を愛するために、自分が選んでお腹に宿ったこと」等を確認するようになったそうです。
これらのことから感じるのは、何もわからないと思っている赤ちゃん自身が何か理屈では割り切れない大人へのメッセージを持って生まれて来るようです。とすれば、多くの時問子どもと接している私たち保育者は生まれながらに持っているその子のメッセージを細大受け止め、子どもたちの代弁者として親にお伝えしていく重大な役目をも担っていることを痛切に感じます。

さらに、感性の芽が出そろうという幼児期こそ、質の良い土壌(保育環境)と自然や肥料に当たる、保育の方法や内容が何より大切であると感じます。
そして例えるならば卓越したメロンを目指すのではなく、一斉に揃ったりんごを目指すのでもなく、りんごはりんごとして、みかんはみかんとして、その可能性を最大に発揮できるよう見守りながら誠心誠意子どもたちの育ちを支えて行きたいと思います。

保育目標
みんな仲良く みんなのために 最後までがんばる 強い子ども

みんな仲良く

岩倉保育園が掲げるビジョンは「調和」です。
その中で、ぼくたち、わたしたち、虫や、動物や、植物も、みんな地球の仲間として、仲良くしていくことを大切にしています。また、たくさんの遊びの中で、人と仲良くする力=協調性を身につけていきます。

みんなのために

ひとりはみんなのために!みんなはひとりのために!の精神です。
池川先生の「胎内記億」の中で、子どもたちが、雲の上でお母さんを選んだことを覚えているだけでなく、「人の役に立つ」ために生まれてきたことを、はっきりと明言しているのです。(映画 かみさまとのやくそくより)
私たち人間は与えられる以上に、与えることを喜びとし、延いては、その喜びが何にも代えがたい幸せに繋がっていくのだと思います。また一方では、自分を精一杯生きることも、自分を大切に思っている方々への証として、とても重要なことと考えています。

最後まで頑張る強い子ども

当園では「生きるカ」「生活力」を育むために、子どもたちが興味を持ったことなら何でも自分の力で最後までやってみるよう促しています。
例えば“やりたくないけど、やってみる” “もっとやりたいけどガマンする”など、また運動会では、途中であきらめることなく、子どもたちは勝ち負けを味わいます。くやしい気持ち、次はがんばろう!という意志を養っています。

保育方針

恵まれた環境の中で、温かな触れ合いを通して、知的・情的・意的能力のバランスのとれた人間らしい人格形成の基礎を養います。

  • 知の育成 考える力や工夫する力を育てます。
  • 情(心)の育成 思いやりの心など豊かな心を育てます。
  • 意の育成 やる気や人とのかかわり(=生きる力)を育てます。

保育内容

のびのびと遊び、元気な身体をつくる。

基本的な生活習慣の自立と個性を大切にしながら協調性や思いやりの心を育てる。

自然活動やリトミックを中心とした表現遊び。“ピグマリオンメソッド”による「もじ」「かず」遊び。共感性と自発性を育む安田式体育遊びなどを通し、集中力・忍耐力・創造力を身につけ、豊かな感性を養う。

園の特色

澄みわたる青い空、輝く緑、そしてとっておきの愛情に包まれた岩曽保育園。ここに来ることが大好きで、おうちのように心を開いて遊べることが嬉しくて、やさしい友達や先生に会える場所。
そんな子どもたちの輝く気持ちをまっすぐに育てていくことが、強くてやさしい心と体の栄養になると思っています。ひとり一人違う個性や感性の伸びていく方向をしっかりと見極め、ありったけの愛情で支えていきたいと考えています。

1.青空の下、笑顔いっぱい

お日さまの光に包まれて、自由に飛びまわる翼をつけて、子どもたちは思い切り遊びます。自然とふれあったり、大きな遊具で遊んだり、創造力をふくらませたり、外遊びの内容もさまざま。緑の木々や草花、小さな虫たちともすっかり仲良しです。

2.キラリ、感性の芽が光る

キッズミュージカルや運動あそびを通して、自主性や向上心を育んでいます。キラキラ輝く感性や豊かな心は、子どもたちの日常とは違う新しい体験から生まれてくる。楽しくて楽しくて、夢中の時間はあっという間にすぎていきます。

3.きもちいいね、のお部屋

快適な環境は体に良いだけでなく、やさしい心も育みます。建物はしっくいを使用した木造で、全室に冷暖房、乳児室には床暖房を完備しています。特に遠赤外線で温まる床暖房は、体の中からぽかぽか。自然のエネルギーで子どもたちは「気持ちいいね」の毎日を過ごします。

4.やさしさがふくらんで

知的、情的、意的能力のバランスがとれた保育は、子どもたちの生活をキラキラ輝かせてくれます。自分に自信がついてきて、何に対してものびのびと前向きに取り組める。友達を思いやる心の広さも生まれてきます。やさしさはこうして身についていくのですね。

5.まっすぐな愛に包まれて

幼児期に一番大切なもの、それは無条件の愛情です。母親はもちろん、大人から愛されることによって、子どもたちは人を愛する心を育てています。やさしい気持ちや思いやりの心がまっすぐに育つよう、私たちは両手を広げて無条件に子どもたちに愛情を注いでいます。

6.知的好奇心が次々と芽生えていく

ピグマリオンによる文字・数あそびはみんなのお気に入り。いろんなアイデアが頭に浮かんで、創造力も大きくふくらみます。同時に集中力もしっかり身についてくる。英語遊びも大好きで、知的好奇心は前へ前へと走ります。

7.立腰について

何も知らない幼児に、人間社会に必要な生活のあり方を身につけさせるのが躾です。この躾によって子どもは人間として成長していきます。
岩曽保育園では躾の一環として立腰を取り入れています。

■立腰とは腰骨を立てること
1. お尻を思い切り後ろに突き出す
2. 反対に腰骨を前へ突き出す
3. 下腹部に力を入れ、肩の力を抜く
毎日、朝の集会で年少・年中・年長さんが3分間この立腰に取り組んでいます。

■立腰の効果としては
健康はもちろん、生活面や学習・運動面に大きく影響を与えています。例えば
健康=元気な身体を作る
学習=集中力や持続力・やる気が身につく
運動=我慢強さや瞬発力が身につく
生活=あいさつや返事がしっかりと出来る

■“身心相即”について
もともと心と身体はひとつと言われています。心がシャンとすれば身体もシャンとするし、身体がシャンとすれば心もシャンとする。腰骨を立てることによって正しい姿勢が保たれ、よい心が育つという習慣を幼児期に少しでも身につけることによって、将来、自分の我がままに打ち勝つことが出来、厳しい世の中を乗り切って欲しいと願っています。

8.発達と遊具の関係

安全性と能力アップの両立には、年齢・発達に合わせた遊具が必要です。

「できない」のではなく、「体験・体得が不足している」
「昔は教えなくても自然にできていたのに…」そんな声を聞きますが、出来なくなったのではなく、運動量と遊びの積み重ねが少なくなってきただけなのです。年齢発達に応じた無理のない様々な動きを、毎日の遊びの中で楽しく繰り返し行う事で体験・体得は自然と積み重ねられ、「できること」が増えていきます。

遊具は年齢や発達段階に応じたものである必要があります。ぶら下がり遊びはおおむね1歳から始まります。自分の意思で全身を揺さぶる事が大脳中枢神経を大いに刺激し、年齢や発達に応じた遊びを通じて、様々な身のこなしが身につきます。特に逆上がりや雲梯の振り渡りなど、技術的なコツと全身を巧みに扱う身のこなしが必要な遊びでは年齢発達に応じた遊びの経験の積み重ねが大切です。

体験=身をもって経験すること
体得=十分会得して自分のものにする事

0歳

反射運動から、「首座り」「寝返り」「お座り」「四つばい」「つかまり立ち」「ひとり歩き」と粗大運動が発達します。

1歳

ひとり歩きが可能になりますが、歩行の完成には至っていません。歩行の感性や粗大運動の発達をめざし、多用な動きに挑戦します。

2歳

「横に歩く」「斜めに歩く」「後ろに歩く」「片足で立つ」「バランスをとりながら歩く」など、歩行のバリエーションが増えます。目と手の協応運動の種類が多くなります。

3歳

「不安定なところを歩く」「まっすぐな線の上を歩く」「つま先で歩く」「背を低くして歩く」「片足でバランスをとる」「スキップをする」など、粗大運動の精緻化と遊具への関わりが積極的になります。

4歳

粗大運動の精緻化が図られ、全身的な動きが連動しながら洗練化されていきます。また遊具との関わりにも成熟化が進み、さまざまな動きにも興味がわきます。

一つ一つの動きの精緻化が更にすすみ、連動した動きの洗練化精緻化が図られ、運動組み合わせの成熟が進みます。

6歳

粗大運動・精緻運動の動きは、更に洗練と精緻化を重ね、自分の意思どおりの動きを目指し精緻化を進めていきます。

9.雲梯(うんてい)

1・2歳児用/低年齢児用/幼児用
人間が体を自由に動かせるのは、元をたどれば脳が指令を出しているから。例えば雲梯遊び。握って、ぶら下がって、身体を振る。と同時に次に狙いをつけ、タイミングを計りながら片手になってぶら下がり、狙ったところに手をかける。一連の振り渡る動作は、いくつもの動作が同時に協応してこそ可能になります。つまり、難しい動作でも脳が処理・判断をしてこそ出来る動作なのです。脳を育てる雲梯遊び。上達させる秘密があります。

■年齢発達に応じた雲梯遊び
出来ない子が出来るようになるためには、段階的に雲梯遊びを出来るように設計されています。

■幅広設計
雲梯の振り渡りが出来るようになるためには、横幅を利用したたぐり渡りの経験が欠かせません。幅広設計で行き違い・追い越しが出来るので、渋滞も無く、大勢が一斉に雲梯遊びを楽しめ、子どもの活動時間も自然と増えます。

■年齢に合わせた3種類
年齢に合わせて無理なく取り組める様に最適の大きさの雲梯を使用しています。1歳児でもしっかり握れる太さに設計。自分でつかまり、自分で降りることのできる高さなので、安心してぶら下がり遊びを楽しめます。

10.衝撃吸収 人工芝

大胆で活発な遊びを望んではいるものの、万が一の時の心配はつきません。元気いっぱいの子ども達の足元を優しく守り、より大胆で活発な遊びを引き出します。

■安全対策に
安全性を高める多重構造により、臨界高さ1.8mの落下にも対応。優れたクッション性で落下・転倒から子どもたちを守ります。

■耐久性抜群
裸足が心地よく、天然芝に近い風合いです。高耐久・低摩耗のスポーツ人工芝を園・学校向けに改良。静電気発生も少なく火傷しません。
耐久性・透水性に優れた全天候タイプです。透水性が良く、水たまりも出来にくいので、雨上りの後にもすぐ遊べます。

■自由設計
遊具の周りの必要な部分にだけ施工することが可能です。園庭に合わせた安全計画をたてることができます。1年中、緑あざやか!お手入れも簡単です。砂埃解消にも役立ち、園内環境の向上にも効果的です。

PAGE TOP